風俗なんてしたことない私でも松島新地で日給10万円を超えました

風俗なんてしたことない私でも松島新地で日給10万円を超えました

私は風俗業の経験がないのですが、まだ20代後半だったので松島新地の料亭に応募しました。特に信頼できる「松島新地のアルバイト」を頼ったのですが、面接までの段取りも丁寧に組んでくださって、未経験者でもすんなり働くことが出来ました。皆さんも是非使ってみてください。

そもそも私が松島新地で働く理由は、消費者金融での借金を繰り返していたおかげで、多重債務者になり、落ちるところまで落ちたなあ、などと落ち込んでいた私ですが、一念発起して松島新地で働いたことで、人生が180度変わりました。

面接は簡単だと思っていたのですが、実際には住民票を提出させられたり、体のサイズなどを申告させられました。

松島新地に限らず風俗業で働く以上は年齢やルックス、人当たりの良さなどが重視されるらしく、私の場合はルックスは大したことはないのですが、年齢が少し若いことが認められ働けることになったみたいです。

松島新地は未経験者にも優しい風俗だと言われているのですが、お客さんは自分の力でゲットしなければなりません。

そのために私はバニーガールの格好をして客引きをすることにしました。

お客さんを誘うのは初めてだったのですが、自分では何もできなくても常連さんたちが勝手にいろいろ言ってくるのであまり心配はいりません。

常連のお客さんたちはお店のルールを知っているので、キスなどのように禁じられていることはしてきません。
風俗ということで、強引にいろいろされると思いこんでいたので少し拍子抜けといったところです。

女性に優しい松島新地の風俗という言葉が一番ぴったり来るかもしれませんが、お客さんの数はかなり多く、10時間働く日は一日15人くらい相手にすることもあります。

入れ替わり立ち替わり15人も相手にするのは、最初のうちはかなり疲れましたが、慣れてくるとかなり楽になります。

お客さんの人数が多いほうがお金が稼げるので、疲れるなどと言っている暇があったら働いて、豪遊生活をしたいと思いました。

松島新地で働くと実際のところどのくらい稼げるのか

松島新地で働き始めて一番驚いたのはお客さんの数です。私のように風俗未経験者でも毎日10人以上のお客さんがつくので、日給にすると7万円から8万円になりました。

まじめに30日働けば、200万円超えの大金をゲットできるのですが、実際には20日程度しか働かなかったので、月収は100万円から150万円という感じです。

月収100万円超えといえば、サラリーマンの平均月収を超えるものすごい金額ですが、年末やGWをしっかり働くと日給が10万円以上になるので、月収200万円近いこともあります。

借金生活をしていた頃が思い出せないくらいの大金を手にするようになって一番変わったのが、遊び方です。

松島新地で働く女性の多くがそうであるように、私もホストやクラブで毎晩遊びまくって、それでもお金があまるという幸せな豪遊生活ができています。

こんな豪遊生活は長くは続かないと言われるかもしれませんが、それでも松島新地ドリームを実現して、短期間であっても大金を稼ぐことができれば、念願のマイホームだって手に入れることができます。

私のように学歴も職歴もない人間がマンションを手に入れるのにはとにかく現金が必要です。松島新地でどんどん現金を稼ぎ続ければ、タワーマンションを購入するのも夢ではありません。

普通の仕事をしていたら、マンションなどは35年ローンを組んで、毎月返済しなければなりませんが、松島新地で2年くらい働いていれば、現金払いでゲットすることができます。

普通の人から見れば、小さな夢だなあと思われてしまうかもしれませんが、貧乏生活が長かった私にとって、マイホームを自力で手に入れるというのは人生における最大の目標でもあります。

なにもない、なにもできない私でも生涯の夢を叶えることができる場所、それが松島新地だったのかもしれません。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*